質屋で交渉しよう!

質屋の査定額、思いのほか安い値段を宣言された、という方も多いのではないでしょうか?

質屋では、やはり最初は少し低めの額で交渉をはじめます。

中には、「自分は最初から査定通りの額を言う」と公言している人もいますが、そういう人はごくわずかですし、実際には、それを見越して査定額をはじき出しているのに、自分では気が付かない、という事もあります。

これは、もちろん、なるべく安く仕入れたい、という思いと、ごねられた時の余力、としてこういう作戦に出ているわけです。

実際に、「そこを何とか」と言わない人の方が少ないくらいで、たいていの人は「もう少しお願いします」という意味のことを言ってきます。

また、言われなくとも、最終的に査定額に見合った額で話をつける、という質屋が多いので、黙っていても、特別に損をしてしまう、という事はないと思います。

この交渉の時に、最も価格を上げる効果があるのは「引き作戦」です。

「そこを何とか…」は想定内ですし、ごねる客に対してもマニュアルが組んであります。

ただ、あっさりとひいてしまう客に関してはつい「引き留めようとしてギリギリの値段で買ってしまった」という質屋さんが多いようです。